専業主婦だからこそ子育てに悩み疲れているあなた!原因から解決策

karou_hoikushi_woman 子育て

専業主婦の年収500万円?

これは本当にであっても、実際には貰えないのですよね…専業主婦は。
ただの仮定の話ですから。

だとしても、あなたの家事、育児などは年収500万円もらっても
良いほどの価値がある仕事なんです!!

それなのに家事も育児も当たり前だろうと
言わんばかりにぞんざいにあつかわれたり、

密室で話し相手にもならない子どもとずっと一緒で
疲れ果てたり、悩みも多いもの。

今回は専業主婦ならではの悩みや、どうして疲れるのか、

ストレスを溜めない方法など
どっぷり育児が楽になれるヒントなどまとめていきたいと思います。

専業主婦の年収約500万円??

専業主婦の時給、日給について、テレビやネットでも色々話題になりました。

多い金額なら年収1000万円超えるような話も。
でも、調べてみて一番多い金額は30万〜40万円でした。

確かに、24時間365日、家に縛られている状態で、家事と同時に育児。

つまり家政婦さんと保育士さんを同時に雇っているということ。

しかも時間外労働、休日出勤手当も加算されるとそれなりの金額になります。

ですから「専業」=プロ
つまり専業主婦はスーパーウーマン!!500万円じゃ少ないかもですね。笑

専業主婦が子育てに疲れ果てる原因は?子供以上に原因が…

 

専業主婦は逃げ場がない

専業主婦ではなくても、みんな主婦は忙しいしい、疲れる。
その通りだと思います!!

でも、未就園児のいる専業主婦は、
閉鎖された中での子育てをしているので、『逃げ場』はないのです。

話し相手とも言えない子どもとずーっといると
何とも言えない孤独感、社会からの疎外感を感じます。

その上自分の頑張りが評価されていないと感じます。

 

専業主婦で家事をするのは当然
子育てするのは母親として当然。家族のためなんだから

そこには目に見える評価=給料がないので
「夫に養われている、養ってもらってる」という感情から

疲れたとも言えない環境でストレスを感じ
やりがいを感じるのが難しくなり何とも言えない疲労感に襲われます。

 

でも未就園児の子どもがいると
実は24時間休まる時はないんです。

 

朝から晩まで子ども時間で一緒に付き合っているので
早朝であっても、夜中であっても

 

ご飯であっても、お風呂もトイレも
実は自分のタイミングで自由に行けないのです。

 

そこが専業主婦育児の苦労。

 

でもそれを理解してくれる夫はほとんどいません!

これは一番疲れるポイントかもしれません。
この状況、抜け出せるのでしょうか??

 

専業主婦の子育て。イライラ疲れる…8割は夫に原因??

 

育児は大変なのは当然。

どんなにイライラしても冷静になれた時には
「相手は何も分からない子どもなんだから」
と、納得できるし、可愛い。

 

じゃあ何でイライラ疲れるの??それは家族というチームのメンバー「夫」

 

① 同じチームのメンバーが自分の家の役割に手を抜いている

② メインで頑張ってくれているメンバーの「妻」に感謝や評価をしない

こんなことないですか??

 

もし、ここがクリアできたら8割のストレスがなくなるはずです。
でもこれがまた難しい。笑

 

私も夫に8割のストレスを感じていました。

 

*ゴミ捨てただけでドドヤ顔

*オムツ替えただけでドヤ顔
(でもウンチの時は気付かぬフリ)

*自分だけあったかいご飯をテレビ見ながら食べて

*食べ終わったらスマホゲーム

*たまの子守りもスマホ与えてる

 

結果、全部言いました。笑

 

 

そしたら実は本人全然気付いていなかったのです!!
子どもとずーっと一緒でしんどいこと
夫の言動についイラついてしまうこと。言いました。

 

そしたら少しだけ変わってくれたんです!
ストレス4割なりました。(十分です)

 

ほかの友人にも聞いたりしたのですが
男性(夫)は言われないと気付かない人が多く
察っしてほしいという事は期待できない
との事。

 

これ言うしかないんです!! ダメ元ですけどね。笑

 

 

専業主婦の子育て。ストレスを溜めない方法!自分に完璧を求めない

 

とても元気なママやいつも笑顔なママ羨ましいなーって思いますよね。
私の周りにもそんな素敵なママがいます。

その方と話していて気付いたんです。
もしかして私、私自身が自分に厳しい?ということ。

 

素敵なママさんたちは「洗い物、ほっぽらかしてきたよ」

「掃除機なんてしない。たまにクイックルワイパー」

「夕食も週に4日は丼物とか麺類」

「昼ごはんおにぎりで十分」と、家事は手抜きしまくりだと。笑

 

 

難しいお勉強教室や習い事もそんなに無理にされてないそうです。
子どもと笑顔で遊ぶ、過ごすこと。それだけをメインに生活していると。

 

「10年後、子どもが幸せだったらいいじゃない?」

私は妻としても親としても
勝手に「ちゃんとしていないと」って思っていたのですが、

それが結果として自分を苦しめ下手したら子どもさえも苦しめるような
結果になっていたかもしれないのです。

 

 

「10年後、子どもが笑っていられる」
上手に手抜きをして無理にお勉強なんてさせなくていい。

 

良いお母さん、完璧なお母さんじゃなくて

「大好きなお母さん」「いつも笑顔のお母さん」
でいればいいんだと気付きました。

 

そうすることで子育てに充実感を感じ
自分に良い意味で自信も持ててイキイキできる。

 

家族というチームでメインに頑張っているお母さんが
イキイキしていたらら家族全体が幸せになります。

 

そう思って専業主婦として精一杯育児をしていたら
意外とストレスが減っている自分がいました。

 

まとめ

 

いかがでしたか??

専業主婦はとてもぞんざいに扱われがちなので
自分に自信が持てない人も多いとか。

 

でもきちっと自分の主張をして
上手に手を抜きながらも楽しく精一杯育児をする時に
その幸せオーラから

「ウチのお母さん(妻)が一番だなー」
っと思ってもらえますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました