静岡おでんはなぜ黒い⁈普通のおでんとの違いは?

sizuokaoden 生活

静岡おでんって何?なんであんな黒いの?普通のおでんと
何が違うの?

本日はその疑問と、静岡おでんのはんぺんはなぜ黒いのか
製法や、静岡のコンビニは静岡おでんなの⁈など
ご紹介させて頂きます!

 

静岡おでん普通のおでんとの違いは?なぜ黒いの?

question

静岡おでんの特長といえば、やっぱり
びっくりするあの真っ黒な煮汁の色ですよね!

黒はんぺんや牛すじなどのネタの色もありますが
一番の理由は牛すじでとっただし汁に、
お店よって独自に醤油や豚モツを入れたり、

代々注ぎ足して使っていたりもすることから
あのように真っ黒な色になっていきます。

ただ、見た目は黒いので味も濃いのでは…と思いますが、
意外とあっさりした味で何本でもいけてしまいます。

 

静岡おでんと、普通のおでんの違いは、

 

牛筋ベースのスープで煮汁が黒い。

全てのネタが串に刺してある。

青海苔・だし粉をかけて食べる。

はんぺんの色が黒色。

ですね。

 

 

黒はんぺんって何?なんで黒いの?

black-hanpen

一般的なはんぺんといえば、白いフワフワしたあれを思い浮かべますよね?
でも静岡の黒はんぺんは全く違います。

一般的なはんぺんとは違って色だけでなく触感も違います。
固くてザラッとした舌ざわりで

どちらかというと食感も風味も、ツミレに似ています。

 

どうしてして黒い色をしているのかというと
その理由は、原材料が違うからです。

みなさんに馴染みの深いとされる白いはんぺんは
キントキダイ、スケトウダラ、イトヨリダイなどの
白身魚のから作られていますが

黒はんぺんはイワシサバやなどの赤身魚で作られています。
イワシやサバやなどは静岡県で獲れやすい魚だからですね。

またこのふたつのはんぺんは
原材料だけではなく製法も違ってきます。

ではどのように作られているのでしょう?

 

黒はんぺんの作り方をご紹介

 

  1. イワシやサバなどの赤み魚をおろしてぶつ切りにします。
  2. フードカッターですり潰して塩を入れてまたすりつぶします。
  3. 砂糖とでんぷんと水を加えてまたすり潰します。
  4. このようにしてできたすり身をゆでれば黒はんぺんの出来上がり!

 

ちなみに、原料を白身魚で作ればかまぼこができます。

 

(白)はんぺんの作り方をご紹介

 

  1. キントキダイ、スケトウダラ、イトヨリダイ
    などの白身魚のすり身に卵白や塩、
    やまいも、調味料を加えて練りあげる。
  2. 形を成型する
  3. 気泡が壊れないようにゆでる
  4. 冷やしてできあがり。

 

アイスクリームを作る時に空気を含ませて作るのですが
はんぺんも同じように空気を含ませて作ります。

さらに発泡性のある卵白や、やまいもを加えることで
あのふわふわな食感を作り出すことが出来るのです!

 

 

こうした製法の違いから、黒はんぺんの食感は、
白いはんぺんのようにふわふわしていなくて
かまぼこやさつま揚げに近い少し硬く弾力のある歯ごたえがします。

 

 

黒はんぺんは全国的に販売されていませんが
インターネットで購入することができます!

本場中の本場  焼津黒はんぺん 大20枚【ギフト】

価格:950円
(2019/10/20 11:48時点)
感想(11件)

もうひとつ!静岡おでんといえば白焼き。知ってますか? 

おでんに白焼きを入れるのは静岡だけ?!
みなさん白焼きを知っていますか?

 

白焼きと言われて思い浮かぶのは全国的には
ウナギやアナゴをたれにつけずにそのまま焼いたものだと思います。

 

でも静岡おでんの白焼きとはスケトウダラをすり身にして
四角く成型して焼いたものなんです。

ちなみにこれを油で揚げればさつま揚げになりますが
素焼きしたものをおでんに入れるのは静岡くらいでしょう。

 

おでんに入れる白焼きはどこに売っているの?

静岡おでんに入れる白焼きは一年中売っているのでしょうか?

スーパーによっては、一年中販売されているところもあります!
例えばビッグデー駿河台店やマムなどでは販売されていました。
ですが支店によって売っていないので注意しましょう。

 

今ではネットで購入することもできるので便利ですよね。

スケトウダラの白焼き 鱈 介党鱈 たら

価格:216円
(2019/10/20 11:51時点)
感想(0件)

白焼きですがおでん以外にも

軽く炙って、生姜醤油で食べてみたり、
チャーハンや炒めものなどに刻んで入れたり、
根菜類といっしょに煮たりしても美味しいですよ♪

 

 

素朴な疑問…静岡市内ならコンビニも静岡おでんなの?

convenience-store-oden

関東と関西ではコンビニでもだし汁が違いますよね?
でも残念ながらコンビニでは普通のおでんなんです…

関東風で白いはんぺんを入れる習慣がないので
いつも売れ残って可哀そうなことになっています。

そもそも静岡おでんは基本的には駄菓子屋で扱われていて
駄菓子屋では大体50円程から食べることができます。

コンビニで扱うには利益がでませんし、価格的に負けてしまいます。

 

また駄菓子屋系と居酒屋系があって、
昼は子どもたちがおやつ代わりに駄菓子屋さんで、
夜は大人たちが居酒屋で、おでんを楽しんでいます。

駄菓子屋系は子どもが多いので子供が喜びそうな少し甘めの味付けで、
居酒屋系はあてになるように濃いめの味付けが多いですね。

 

まとめ


静岡おでんの特徴は目の覚めるような黒いだし汁と黒はんぺん。

静岡に行かれた際には是非いつもと違ったおでんを
食べてみてはいかがでしょうか?

 

ありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました