体験談!城崎温泉の7つの外湯とおすすめのお土産は?やっぱり蟹!

sirosakionsenyoru 旅行

城崎温泉には7つの温泉があります。
今では色々な場所である外湯めぐりもここが
発祥の地とも言われているほど、外湯めぐりが有名なんです!

 

絶えることなく湧き出る温泉は昔から人々に愛されてきました。

 

そんなナチュラルな温泉で日々の疲れを癒しませんか?

 

また、城崎温泉街は、川沿いに柳が植えられていて、
昔懐かしの風景が未だに残っているような
趣のある通りとなっているので、

 

温泉街を歩いているだけでも楽しめますよ。

 

 

城崎温泉外とえいばやっぱり湯めぐり

 

sirosakionsen

 

城崎温泉には7つの外湯があります。

 

それぞれ温泉によって特徴が違うので、
ご自分のお気に入りの外湯を探してみてください。

 

城崎温泉の外湯は城崎温泉の宿に宿泊すると無料で周れます。

 

宿泊予定のない方は一日入り放題の
「外湯めぐり券」を購入するのがお得ですよ。

 

2か所入るだけで元が取れます。

 

大人 1200円、小人 600円で販売しています。
購入は各外湯の受付にて販売していますよ。

 

城崎温泉では、浴衣が正装とされているので、
浴衣を着て下駄を鳴らしながら、外湯めぐりを行ってみてください。

 

特に夜はライトアップに照らされた柳と浴衣が
とてもよい雰囲気を醸し出しますよ。

 

それでは、7つの外湯についてと、おすすめのお土産を紹介します!

 

 

城崎温泉の7つの湯

駅舎温泉さとの湯

 

sirosakionsen-satonoyu

城崎温泉駅から最も近いのがこの「さとの湯」です。

 

駅のすぐ横に位置しているので、
日帰り温泉には一番周りやすい温泉ですね。

 

中もとても広いのが特徴です。

 

古くからの城崎らしさに現代性を合わせた造りになっていて、
ハーブの香りや滝の音に満ちた不思議な空間の中で温泉を楽しめます。

 

  • 営業時間/PM1:00~PM9:00
  • 定休日/毎週月曜日

 

地蔵湯

 

次に紹介する城崎温泉の外湯は「地蔵湯」です。

 

sirosakionsen-jizouyu

 

江戸時代から親しまれていた外湯ですが、
この湯の源泉から地蔵尊が出現したため
この名前がつけられたようです。

 

庭内には地蔵尊もまつっていますよ。

家内安全、水子供養、衆生救いの場としてうたわれています。

 

外湯めぐりの際に注目してもらいたいのはこの建物です。

 

和の灯籠や六角形の窓が見所なので、
訪れた際にはチェックしてみてくださいね。

 

  • 営業時間/AM7:00~PM11:00
  • 定休日/毎週金曜日

 

柳湯

 

城崎温泉の外湯めぐり3つ目は「柳湯」です。

 

 

中国の名勝西湖から移植した柳の下から温泉が湧き出た
ということでこの名前が付けられました。

 

子授けの湯といわれているので、
子供が欲しい方にはぜひ入っていただきたいですね。

 

建物は木造ですので、昔ながらの浴室が好きな方にお勧めです。
表と裏の玄関に足湯があるので、足湯だけでも楽しめますよ。

 

  • 営業時間:PM3:00~PM11:00
  • 定休日:毎週木曜日

 

一の湯

 

sirosakionsen-itinoyu

 

外湯めぐり4つ目は「一の湯」です。

 

江戸時代の名医が天下一と称賛したことより
この名を名付けられたといわれています。

 

一の湯は城崎温泉の中心部にあるため、
いつも沢山の人でにぎわっています。

 

開運・招福を歌われているのもあるのでしょうか?

 

この温泉の一番のお勧めといえば、洞窟風呂です。

 

その名前の通り、洞窟をくりぬいたような雰囲気の中で
味わう温泉はまた他とは違った癒しをくれますよね。

 

一の湯のすぐ隣に足湯も新しくできたので、そちらも試してみて下さい。

 

  • 営業時間/AM7:00~PM11:00
  • 定休日/毎週水曜日

 

 

御所の湯

 

sirosakionsen-gosyonoyu

 

外湯めぐり5つ目は「御所の湯」です。

この温泉は、2005年にオープンした城崎温泉の中で一番新しい外湯です。

 

美人の湯が歌われており、外湯めぐりで一番の人気の場所です。
ちなみに私のお気に入りもこの外湯です。

 

屋内の浴室は岩風呂とヒノキ風呂があり、
露天風呂とミストサウナなどもあります。

 

温泉といえば露天風呂ですよね。
この露天風呂では目前に豪快な滝を鑑賞しながら温泉を楽しめます。

 

冬の城崎では、露天風呂の入浴中に雪が降ってきたりと
とても趣のある光景を目にすることがありますよ。

 

ぜひ訪れてみてください。

 

  • 営業時間/AM7:00~PM11:00
  • 定休日/第一・三木曜日

 

まんだら湯

 

 

外湯めぐり6つ目は「まんだら湯」です。

 

この温泉は717年頃に曼陀羅一千日祈願によって
温泉が湧きだしたことより「城崎温泉」が生まれたと言われています。

 

そのため一生一願の湯として歌われています。

 

ここの温泉のお勧めは、露天風呂の「桶風呂」です。

 

裏山の景色を眺めながらヒノキで作られた桶風呂を
ぜひ一度試してみてください。

 

  • 営業時間/PM3:00~PM11:00
  • 定休日/毎週水曜日

 

鴻の湯

 

 

外湯めぐり7つ目最後の外湯は「鴻の湯」です。

 

この温泉は「こうのとり」がこの湯で足の傷を癒しているのを見て
発見されたと言われている温泉です。

 

幸せを招く湯としてうたわれています。

 

城崎温泉街の外湯の中で一番駅より遠いこともあり、
基本的に空いています。

 

駅からは歩いて15分ほどの場所にあるので、散歩がてらに行ってみてください。

 

鴻の湯は露天温泉が有名であり、
岩で囲まれた露天風呂と、木で屋根を付けた露天風呂があるので、
露天風呂好きにはぜひ訪れて頂きたい温泉です。

 

ただ、場所が一番端っこにあるため、
順番に入っていくと入り損ねてしまう時があるので、
鴻の湯から入ることをおすすめします。

 

  • 営業時間/AM7:00~PM11:00
  • 定休日/毎週火曜日

 

城崎温泉おすすめのお土産は冬の蟹!

 

sirosakionsen-kani

 

城崎温泉のお土産には、少し変わった城崎ならではのお菓子もありますが、
私のお勧めはやはりでしょう。

 

冬の時期限定にはなってしまいますが、
城崎の松葉ガニはとても有名で、おいしいです。

 

宿も蟹メニューで選んでしまうほどです。

 

城崎温泉では魚介類が新鮮なので、
沢山の魚などが販売されていますよ。

 

蟹の時期には沢山の人が蟹を宅配で頼んでいる姿を見かけます。

 

蟹を買うのは高くてちょっとという方には、
はまな水産の干物や、蟹の身入りの蟹みそがおすすめですよ。

 

「海老のや」のせんべいはカニや丹波牛など
地元名産を使ったおせんべいのお店です。

 

海老せんべいはとてもおいしいので、
職場のお土産などに購入してはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました