【予防接種】赤ちゃんは受けないでいいの?受けさせないで後悔した?

スポンサードリンク
 





vaccination その他

スポンサードリンク
 





予防 接種 受け させない 後悔

 

 

ワクチンに対して本やインターネットでは様々な情報がでていて、

ワクチンに対して怖さを覚えてしまいますよね。

 

我が子を守りたい優しい気持ちで予防接種を受けさせたくない。

そんな思いで悩まれているのだと思います。

 

今日は予防接種を受けない方がいいの?受けなかったらどうなる?

の疑問にお答えしたいと思います!

 

 

スポンサードリンク
 





予防接種赤ちゃん受けないでいいの?

 

 

受けると危険。

まずその情報は本当に正しい情報ですか?

 

お子さんを大切に想う気持ち、私にもよく分かります。

 

大切だから本当に大丈夫なのか…悩むんですよね。

 

確かにワクチンを接種したことで身体に障害が出る子もいるのが現実です。

 

ニュースで取り上げられたり、本になったりしているので

ワクチンって本当に大丈夫なの?って不信感も年々大きくなっていますよね。

 

 

ワクチンを打つ、打たないの判断は親の自由になってます。

 

小児科勤務の友人がいますが、ワクチンを打ちたくない。悩んでる。

という声はよくあるそうです。

 

 

受けるべきか受けないべきか…こればかりはどちらのリスクを取るのか

といった話になってきます。

 

ワクチンを接種したことで副作用が出てしまう確率

OR

ワクチンを接種しなかったことでウイルスや菌に感染して病態がひどくなる確率

 

の駆け引きですね。

もちろん副作用も怖いです!なんで予防するためのワクチンで病気になるの?!

打たせた私のせい?!っておもっちゃったりするかも…

 

でもウイルスや菌に感染してしまった時に全く抗体がない状態だとそれをやつけるお薬が効いてくれるのか、

ウイルスとの闘いでお子さんの体力がもつかどうかが問題になってきます。

 

ウイルスをやつける為には強い薬が必要になってきますよね?

 

でもその分強い薬は身体もダメージを与えます。

 

みんなが同じではないのでお子さんによってどうなるかは保証できるものではありません。

 

大抵のお医者さんはワクチンの副作用よりも

ワクチンを接種せずに感染して重篤化してしまう事の方を恐れられています。

 

 

実際ワクチンを打った副作用で重篤な後遺症が残ってしまったり、死亡するより

ワクチンを打たずに病気にかかって重篤な後遺症が残ってしまったり、

死亡する確率の方が高いようです。

 

また、予防接種を打たずに自分や子供が病気になった時、

他の免疫を持たない人にうつしてしまう事も心配ですよね。

 

 

予防接種を受けさせない選択をして後悔しないで

 

 

「はしか」はとても感染力が強いので予防接種を受けていない子どもや大人でも

感染している患者と接触するとその8割~9割の人が感染してしまうほどとても感染力が強い病気です!

 

 

私の友達の子供がひどい「水ぼうそう」になったことがありました。

 

予防接種をしてるものだと思ってたけど、してなかったようで、

なんで予防接種をしてなかったの?と話していましたがとても後悔していました。

 

また、ひどい「おたふくかぜ」で、片方の耳が聞こえなくなってしまった知人もいます。

 

「ふうしん」は妊娠初期であればあるほど影響が出やすくて、

お母さんが妊娠中に「ふうしん」になってしまうと、

お腹の子は生まれつき目が見えなかったり、耳が聞こえなかったり、

心臓の壁に穴が開いているなど様々な障害を残すことが知られています。

 

 

赤ちゃんの時は抵抗力がとても低く重篤化してしまうのはもちろん、

大きくなっても辛い思いをしたり、その子の子供に影響がでてしまう恐れがあります。

 

 

まとめ

 

 

もちろん任意の予防接種は強制ではありません。

 

ですがよく考えて、後悔のないようにしたいですね。

 

 

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました